金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 第200回へんざいもん

ソーシャルブックマークに登録:

2013年02月21日

第200回へんざいもん

第200回里山里海自然学校へんざいもん 平成25年2月16日 本日利用人数:64人
DSC_0007_R.jpg<<本日のメニュー>>
品 名
・五目ご飯
・わかめの粕汁
・いかの味噌焼き
・茶碗蒸し
・白菜とほうれん草とみず菜のピーナッツ和え
・五目煮豆


 

 本日のへんざいもんは、平成19年12月の第一回から数えて200回目となる記念すべき日です。受講生や能登学舎スタッフのほかに、お客さまとしてノルディックウォーキングSUZU歩きに参加された方たちが26人も来ていただき、食堂はテンヤワンヤの大賑わいでした。
 メニューは、五目ご飯に地元珠洲産の生わかめ(いまが旬です)のかす汁、そして茶わん蒸し。茶わん蒸しには花麩が二つ浮かべてあって、個人的には花麩の浮いている茶わん蒸しが大好きです。メインディシュは、イカの味噌漬けの焼き物。大きな口を開けてガブリとかじりつくと、ほどよく焼けた味噌の香ばしさが口いっぱいに広がりました。白菜とミズ菜のピーナッツ和えは、ミズ菜のシャキシャキ感がピーナッツの香りとコラボして、とても上品でおいしかった。
 約一カ月ぶりのお料理に大満足。次回も楽しみです。


今回のおすすめは「大豆と干しかじめの含め煮」です。

今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選

投稿者 赤石大輔 : 2013年02月21日 11:00

この記事へのコメント