金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 第164回へんざいもん

ソーシャルブックマークに登録:

2011年06月30日

第164回へんざいもん

第164回 里山里海自然学校へんざいもん 平成23年6月25日 本日利用人数:23人
_DSC0051_R.jpg
<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・味噌汁
・アゴのフライ
・アゴなます
・ポテトサラダ
・切り干し大根の煮物
・カジメの煮物
・エンドウのゴマ和え
・ふきのからし和え


アゴ(トビウオ)は今が旬。この時期、三崎町小泊にある「長手崎すいせん工房」では“あごだし作り”が行われます。本日の里山マイスターの授業でも、この工房で“焼きあご実習”が行われていました。あごだし作りには、まだ脂がのっていない今の時期のアゴを使うのだそうです。手間をかけて作られる“あごだし”は、臭みがなく上品なだしがとれると評判です。本日の味噌汁にも使われていましたし、もうじき“あごだしそうめん”が出るそうなのでとても楽しみです。
_DSC0055_R.jpg
レタスの上にある赤い実はグミの実。へんざいもんスタッフの前野さんが採ってきてくれたものです。今ではあまり食べないそうですが、私は小学生の頃、学校の帰り道によく採って食べていたので、久しぶりに口にしてとても懐かしかったです。甘みよりも種の近くの渋みが何とも言えず大好きで、おかわりを頂いてしまいました。おいしかったです。ごちそうさまでした。


今回は「あごだし」をご紹介します。

今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選

投稿者 赤石大輔 : 2011年06月30日 14:33

この記事へのコメント