金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 第239回 里山里海自然学校へんざいもん 平成26年10月18日

ソーシャルブックマークに登録:

2014年10月18日

第239回 里山里海自然学校へんざいもん 平成26年10月18日

本日利用人数:25人
第239回へんざいもん141018_R.jpg<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・珠洲産まつたけのお吸い物
・筑前煮
・かますの塩焼き
・青菜のごま和え
・カジメの煮物
・柿なます
・漬け物


 本日のメーンはやはり、地元「珠洲の山」で採れた松茸のお吸い物でしょうか。調理場の方から漂ってくるほのかな香りに、朝から期待がいやがうえにも高まりました。そして期待を裏切ることなく、ちゃんとお椀に入っていました。DSC_0185_R.JPG
 お膳の中央を飾るのは、かますの塩焼きです。塩はもちろん珠洲の塩田で採れたミネラルたっぷりの塩で、素材の味が十分に生かされています。かますはさんまよりも早くに秋を告げる魚だと言われています。「秋カマスは嫁に食わすな」と言うことわざがあるほど、美味しい時期です(お嫁さんに失礼ですが…)。
 今年は、柿が豊作なのでしょうか。通勤途中の柿の木にも実がいっぱいなっています。本日の柿なますの柿は、へんざいもんのお母さんの家の柿の木に実った柿だそうです。まさしく偏在のもんです。
秋は食べ物が美味しい季節です。お天気も良くて本当に気持ちがいい。
 さて次回のへんざいもんは11月1日の予定です。

投稿者 赤石大輔 : 2014年10月18日 13:56

この記事へのコメント